イエローベースのネイビーの選び方

身近なベーシックカラーのネイビーですが、青みがかった色なので
ブルーベースの人にだけに似合うというイメージありませんか??

 

実はそんなことはありません。

イエローベースでもネイビーが得意な人はわりと多いです。

そういうことからネイビーって、一番日本人に似合いやすいベーシッカラーなんじゃないかと感じてます。

ただブルーベースの人が、似合うネイビーの幅が広いのに対して
イエベは似合うネイビーの範囲は狭いです。じゃどんな色ならいけるのかというと、

こんな色↓

こちら1~4まですべてネイビーに分類される色。
いわゆる一般的なネイビーが2番。

1はそれよりかなり暗いミッドナイトネイビー。3番は紫がかった茄子紺。4番は緑がかったマリンネイビーです。

このうちスプリングにおすすめは2番。ポイントはとにかくクリアで暗すぎないネイビーだということ。
濁りのあるネイビーは一番苦手だし、暗すぎる色も苦手な人が多いかと。

続いてオータムは4。緑っぽく見える落ち着いたネイビーはオータムが一番得意な色です。
もし売り場でこの色が見つけられたらオータムさんぜひぜひトライしてみてくださいませ。

 

ただですねー。悩ましいのがこのマリンネイビー、なかなかないんですー。特に探しだすとなぜか出会えない(^^;じゃどうするか?

 

定番のネイビーを選びましょう!番号でいうと2番の色。

オータムは明る色が苦手な方が多いので、落ち着いた明るさのネイビーを選ぶのがポイント。

花紺といわれる明るいネイビーだと違和感がでやすいので、ご注意くださいね。

 

あと、3のパープルネイビーもおすすめです。

こちらも暗めの色を選ばれると違和感が出ません。

パープルネイビーは女性らしい雰囲気が出せるので、少し柔らかい印象にまとめたい時などもおすすのネイビーです。

 

それでもネイビーの青みが気になる場合は、素材を選びましょう。

レースやシフォンなれば、肌色の混ざるので、苦手な青みを緩和できます。
あるいは、得意な色のトップスやボトムスとあわせて、全体として青みより黄みの面積の方が多くなるようにカラーコーデする!

というのもおすすめ。
ま、ネイビーを着る方法は色々とあるということです。

ということで、
イエベの方がネイビーを着られるときは、
得意な色味と明るさのネイビーを選ぶか、
得意な素材のネイビーを選ぶ。
そうすることで印象良く着こなしていただけると思います。

ネイビーって
お仕事の時や学校行事の時はやはり外せない色。
素敵に着こなしてくださいませませ(^^♪